ストレス軽減

葉酸を摂取して口内炎予防

口内炎ができると口の中の違和感や、気にしすぎて潰してしまうと食事や歯磨きの時にヒリヒリ痛んで憂鬱な気分になります。
口内炎ができる原因として、食事中にうっかり口の中を噛んでしまうというのがありますが、ほとんどがビタミン不足によるものです。

カラダがビタミンが不足していますというサインを出していると考えるとわかりやすいです。
この場合はビタミンを補えば口内炎も出来にくくなります。
ビタミンにもいくつかの種類がありますが、この場合役立つのが葉酸です。

ビタミンという名前ではないため、関係ない成分と思われがちですが、葉酸はビタミンB群に属します。
ビタミンB群は、タンパク質やアミノ酸の合成に欠かせない成分ですし、口の中のような粘膜を強くする働きがあります。

口内炎ができても放っておけば数日で治る事はありますが、ビタミン不足の状態は粘膜も弱くなっているのでその分治るのに時間がかかります。
原因がビタミン不足なら、必要なビタミンを積極的に摂取すれば解決します。

葉酸は葉物野菜や緑色の野菜にも多く含まれますし、牛、豚、鶏のレバーにも豊富に含まれています。
毎食必ず緑色の野菜を食べるか、1食にレバーを食べれば1日に必要な量はクリアできます。

口内炎のように炎症が起きていると、より多くの葉酸を必要としますので、食事で補えない分はサプリメントで摂取するのがおすすめです。
数粒で必要量をクリアできますし、水やぬるま湯で飲むだけだから簡単です。
葉酸は常に消費されており、体内で合成はできないため、毎日の継続摂取がおすすめです。

毎日の食事管理がきちんとできていない、仕事が忙しくて食事が不規則になりがちな人にも、葉酸サプリはおすすめです。
もちろん食事の栄養バランスは重要ですが、サプリメントなら簡単に不足分を補えますし、飲むだけでから続けやすいのもメリットです。
食事だけではまかないきれない事も多いですし、妊娠中の人、これから妊娠を考えている人は積極的に摂取していきましょう。